カンボジアのベンメリア遺跡はラピュタの世界

ベンメリア遺跡海外旅行
この記事は約3分で読めます。

実際に旅行をした体験談です!

この記事は実際に現地に旅行した人に「おすすめする理由」「旅行時に注意すること」「おすすめポイント」「行き方・交通アクセス」などを聞いて作成しています!

ジブリ好きにはたまらない「ラピュタの世界」がそこにはありました。

カンボジアのベンメリア遺跡に行った理由

もともとアジアを巡るのが好きで、一生に一度はいきたいと思ったのがカンボジアのアンコールワットでした。

カンボジア旅行は3日間あったので他の遺跡も行こうと調べてみたところ、見つけたのがベンメリア遺跡です。

一緒に行く姉もわたしもジブリ好きだったので、遺跡の写真をみて即決断しました。

またアンコールワットとは違った手がつけられていない、自然と共に今まで眠っていた遺跡ということで冒険家気分でワクワクしたのも決め手となりました。

カンボジアのベンメリア遺跡の魅力

ベンメリア遺跡

まさに密林の中に眠る遺跡です。

メインにあるアンコールワットなどとは違い、ベンメリア遺跡はほとんど修復されていません。

ラピュタの世界と、映画トゥームレイダーのような冒険家になった気分も味わうことができます。

遺跡に樹木が絡みつき神秘的な空間がそこにはあります。

建物の一部だった崩れた石はそのままだったり苔が生えていたりと自然と一体となった遺跡が目の前にあらわれます。

どこもかしこも写真スポットになるのでインスタ映えする写真もばっちりです。

所々に木の足場も作られていますので安心して遺跡内を巡ることもできました。

若干、狭めなのでなるべく空いてる時間に行く方がじっくり見れます。

また、残念なことに、木々が侵食してきていても修復しないので、ガイドさんによると、1・2年前には入れた所もどんどん入れなくなってきているとのことです。

カンボジアのベンメリア遺跡に行くときに注意する点や工夫した方が良い点

このベンメリア遺跡の位置はアンコールワットなどがある場所から車で1時間ほどかかります。

ガタガタ道もあるので酔い止めを飲まれた方がいいかもしれません。

服装に関しては、足場が悪い場所もあるので、動きやすい服装で靴もスニーカー、運動靴を履かれた方がいいと思います。

ベンメリア遺跡に関わらず天気が変わりやすいので雨具、特にカッパは必需品です。

もし、トゥクトゥクを利用される場合は、砂埃対策は必須です。

マスクやタオルで顔を隠したり、サングラスを持参してください。

カンボジアのベンメリア遺跡のおすすめポイント

ベンメリア遺跡

遺跡巡りが大好きな方には本当におすすめのスポットです。

メインの場所からは離れていますが、その分違った雰囲気の空間を体感できます。

アンコールワットだけではなく、自然と共に過ごしてきた遺跡の本来の姿を見たい方、また歴史を感じることが出来ます。

また注意は必要ですが、遺跡の一部であった石の上とかにも登れるので写真も映えます。

行き方に関しては、私の場合はベルトラという会社の現地オプションツアーに申し込んで行きました。

日本語ガイドツアーに申し込んで大正解だったのは、遺跡のことをかなり説明してくれるガイドさんだったことです。

また、参加グループごとにおすすめのポーズで写真撮影もしてくれました。

カンボジアのベンメリア遺跡への行き方・アクセス・周辺地図

現地オプションツアーに申し込んで行きました。

ホテルまで送迎してくれたのでとても楽でした。

あとはトゥクトゥクも、ありますがしっかり値段交渉はした方がいいです。

シェムリアップから約77kmあるので、トゥクトゥクなら片道約2時間くらいかかります。

実際に利用した現地オプショナルツアー会社

VELTRA ※プラン数やプランのバリエーションが豊富