タイのバンコクで人気で危険な電車マーケット

バンコクの電車マーケット海外旅行
この記事は約3分で読めます。

実際に旅行をした体験談です!

この記事は実際に現地に旅行した人に「おすすめする理由」「旅行時に注意すること」「おすすめポイント」「行き方・交通アクセス」などを聞いて作成しています!

バンコクから日帰りで気軽にアクセスできる観光スポットの電車マーケット。

電車と市場の隙間は、わずか10ミリほどです!線路の真横でお肉や魚が売られています。電車は一日に4本ぐらい、そんな貴重な電車に乗ってみたかったから行きました。

タイのバンコクの電車マーケットに行った理由

バンコクの電車マーケット

バンコク以外ではなかなか体験のできないマーケットです。

昭和時代大正時代にタイムスリップしたような街並み、雰囲気を体験することができます。

電車と市場の隙間は、わずか10ミリほどです!

線路の真横でお肉や魚が売られています。

電車が通る時だけ、お店のテントが折りたたまれます。

ハラハラドキドキの体験ができます。

電車は一日に4本ぐらいしか走ってません。

その貴重な電車に乗ってみたかったから行きました。

タイのバンコクの電車マーケットの魅力

タイの電車マーケット

線路の真横の狭い空間で、ひきしめあうように露店が開かれていて、線路を列車が通るたびに、広げた店の傘やテントを慌てて折りたたみ、品物を列車ぎりぎりまでさげる。
それを列車が往来するたびに繰り返す市場です。
電車がマーケットに入るときは、迫力満点です。

ツアーでの参加ですと、電車には乗れず、マーケットから電車が通るのをみるだけです。

自分の足で、バンコクから電車、船を乗り継ぎ2時間かけていくと、電車に乗って、マーケットに入っていく体験ができます。

電車賃はバンコクから片道90円です。
ツアーだと、1万円です。
時間をかけてでも、自分の足でいく方がいいと思います。

バンコクから2時間も離れていますが、世界中から観光客が集まって大変な賑わいのマーケットです。

このマーケットは愉快で不思議な魅力満点なマーケットです。

タイのバンコクの電車マーケットに行くときに注意する点や工夫した方が良い点

かなり暑く日差しも強いので、日焼けどめは必ず塗ること。
そして持ち歩くこと。帽子も必要です。

熱中症にもなりやすいので、お水は持ち歩いた方がいいです。

高温多湿で虫が多いので、ムヒ等、虫に刺された時用に持ち歩いた方がいいです。

電車の待ち時間、蚊、ハエがたくさん飛んでいました。
日本より衛生面がよくありません。
なので、下痢嘔吐止めのお薬も必ず持ち歩いて出掛けた方が良いです。

観光客がとても多いので、チャックのついてるカバンで行った方が盗難予防になると思います。

タイのバンコクの電車マーケットのおすすめポイント

タイの電車マーケット

バンコクから日帰りで気軽にアクセスできる観光スポットの電車マーケット
ほかではなかなか見ることができない迫力ある珍しい光景を見ることができます。

この市場は地元民向けの市場なので販売されている商品は、生魚、生肉、野菜お洋服、日用品等です。タイの人の普段の生活を垣間見ることができます。

高級志向の方には、この観光スポットはおすすめできませんが、タイの生活、環境を味わいたい、地元民に混じってみたい方には、おすすめです。

インスタ映えもしますし、味わったことのない体験ができると思います。

タイのバンコクの電車マーケットへの行き方・アクセス・周辺地図

バンコクの電車マーケットへの行き方
  • wongwian yai駅→maha chai駅 約40円
  • maha chaiからボート→chalom pier 約10円
  • ban laem駅→mae klong駅 約40円 電車マーケット到着!!