江ノ島は家族でゆっくり一日過ごせます!カップルやご夫婦にもおすすめ!

江ノ島国内旅行
この記事は約3分で読めます。

実際に旅行をした体験談です!

この記事は実際に現地に旅行した人に「おすすめする理由」「旅行時に注意すること」「おすすめポイント」「行き方・交通アクセス」などを聞いて作成しています!

家族で横浜旅行に行ったときに訪れた江ノ島のレビュー記事です。

家族で江ノ島に行った理由

江ノ電

家族で横浜の旅行に行こうという話になりました。

観光の本をみていて、江ノ電(江ノ島電鉄)という電車に乗り、江ノ島にいくコースをみました。
電車からの風景や、江ノ島の観光スポットをみていて家族とここにいこうと決めました。

江ノ島では子供も楽しめて、食べ歩きもでき、家族で一日かけてゆっくり過ごせると思いました。

また、よくテレビでみる湘南や江ノ島を実際にみてみたいと思っていました。

江ノ島の魅力

江ノ島の灯台

電車からの風景を見ながら江ノ島駅まで行きます。
その後に、オシャレな雑貨屋さんなどをちらちら見ながら、江ノ島に行くまでの橋を渡ります。

江ノ島に着いたら江島神社にお参りして、江ノ島展望灯台に登り絶景をみました。

360度海が綺麗で晴れていたので、富士山が見えました。

灯台までの道には出店や雑貨さん、カフェもありちょうどいいウォーキングになります。
ゆっくり歩きながらみる町の様子や出店での食べ歩きは楽しめました。
江ノ島名物の生しらす丼も新鮮でおいしかったです。

江ノ島展望灯台ではライトアップやイベントもやっていて、こどももかなり楽しめました。

一日中いてもあきないような観光地でした。

江ノ島に行くときに注意する点

冬に行ったので、日差しがあったら暖かったのですが、日が落ちてきたら肌寒かったので防寒が必要だと思います。
天気がよかったら暖かいので、上着を脱いでも大丈夫なくらいでした。

こどもと食べ歩きをするならウェットティッシュの持参が必須です。

歩きやすいように、リュックサックを背負うのがおすすめだと思います。
手があいていると食べ歩きや子供と手をつなぐことができるので、なるべく身軽の方が動きやすくていいて思います。

江ノ島のおすすめポイント

江島神社

子連れの家族で過ごすのにオススメだと思います。
まずは電車に乗れて、ゆったり歩いて観光ができます。
一日ゆっくりまわれるので一日中いても飽きません。

また、デートでカップルや夫婦で来ても楽しいと思います。
歩きながら、食べ歩きや雑貨屋さん、お店を見てまわって、神社や展望台にいき、景色を楽しめると思います。

夜にはイルミネーションもあるみたいなので、絶景な夜景が楽しめると思います。

雰囲気もいいし、楽しめるスポットがたくさんあるので、デートにびったりです。

江ノ島への行き方・アクセス・周辺地図

藤沢駅の江ノ電乗り場

横浜駅から藤沢駅までJRで行きます。

そこから江ノ電に乗り換え、江ノ島駅まで行きます。

そこから徒歩で橋を渡ると、江ノ島に到着です。

江ノ島の観光情報
  • 住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3−28(江ノ島展望灯台の住所)
  • 電車:江ノ島電鉄 江ノ島駅 

各種お得なクーポン情報

少しでも割引してもらえるのはうれしいですよね。

クーポンがある場合は使わない手はないですね。

HISのいろんな施設のクーポン

HISのクーポンサイトですがHISと関係なく使えるクーポンが多くあります。
レジャー施設・動物園・水族館・博物館・宿泊・駐車場など全国のいろんなところで使えます。
施設名や都道府県から検索ができるので見てみる価値ありです。

自分の行きたい場所のクーポンがあればラッキーですね!

じゃらんの宿泊系クーポン

じゃらんを利用する場合にクーポンがあればおいしいです。

クーポンで割引のある宿泊施設はチャンス!

JTBのツアー系クーポン

JTBのツアーで使えるクーポンのサイトです。

割引の大きなクーポンもあります!

国内旅行
スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします
しゅうしゅうの大阪ブログ